2社間ファクタリングはどうして手数料が高いの?

目安時間:約 7分

2社間ファクタリングはどうして手数料が高いの?

 

ファクタリングを検討してる人の中には仕事柄、どうしても売掛先に伝えたくない、売掛先にはファクタリングしたことを知られたくないという人も多いと思います。

 

日本ではあまりファクタリングの印象が良くなく、手形取引のように感じる人も多いために取引先との関係が悪くなったり、契約を打ち切られたりすることも考えられます。

 

そういう人たちのために作られたのが「2社間ファクタリング」です。

 

これによって従来ファクタリングをするのを渋っていた人もファクタリングができるようになりました。

 

しかしこの2社間ファクタリングは問題もあり、誰でも気軽にファクタリングができるというわけではないのです。

 

2社間ファクタリングとは?

二社間ファクタリングとは通常は3社間、つまりファクタリングの納入企業(ファクタリングを希望する会社)と売掛先、ファクタリング会社の三社で行うものを

 

ファクタリング会社とファクタリング納入企業(以下納入企業)だけでファクタリング契約を結ぶ方法です。

 

通常は売掛先に「ファクタリングします!今後は売掛金はファクタリング会社のものなのでそっちに払ってください!」と伝えるものですが、

2社間ファクタリングの場合は売掛先に伝えないので、売掛先は普段通り、納入企業にお金を支払います。

 

そしてこのお金をファクタリングが納入企業から受け取るというものです。

 

完全に納入企業とファクタリング会社の間だけで行われるので、売掛先はまったくファクタリングをしてる事実を知りませんので、当然取引に影響がでることはありません。

 

ここまで見るとすごく便利なファクタリング制度ですが、問題はファクタリング会社です。

 

手数料が高い

ファクタリング会社の場合一番恐れるのは先払いしたお金がちゃんと払われないことです。

2社間ファクタリングの場合、債権は後から納入企業に直接もらわなければいけないのですが、

 

ファクタリングを行う人のなかにはやはり「お金がないけど現金がどうしても欲しい」「何が何でもお金を借りたい」という切羽詰まった人も多く、いったんは自社にお金が入るわけですから、それを使ってしまう人もいるわけです。

 

私も金融系の会社で働いていましたが、お金に切羽詰まった人が取る行動は本当に読めません。

 

もちろんこの使いこむことは業務上横領罪に問われますので、絶対にやってはいけないのですが、やはり今まで通りお金が入ってくる、しかもお金が今すぐ欲しい人はそのお金を使ってしまうというリスクがあるのです。

 

そうなるとファクタリング会社としては先払いしたお金がかえって来ません。

 

このためにファクタリング会社は手数料を非常に高く設定して、早く先払いしたお金を速く回収しようとします。

 

ファクタリングの場合、貸金業規制法のように上限金利などがあるわけではないので、手数料は今のところ業者の判断で付けます。

このために手数料が20%~30%取られてしまう場合があります。

 

仕方ないといえば仕方ないのですが、今のところこれが現状です。

 

普通の会社であれば売り上げの30%を取られてしまうとなかなか経営が成り立たなくなります。

 

なので2社間ファクタリングをする場合は注意が必要です。

 

ちなみにこのように手数料が高いことから業者によっては2社間ファクタリングを行ってない業者もたくさんあります。

 

やはり倒産リスクを高めたり、会社の運営そのものに影響する、そして今後ファクタリングも規制が入る恐れがあるのでそういう場合に貸金業規制法の時のように返還命令が出るかもしれないからです。

 

もちろんファクタリングは金利ではないので流石に返還はないという意見も多いのですが、そもそもいくらリスクが高いとはいえ20%から30%の手数料を取ってまで取引をする意味はあるのか?という意見もあります。

 

2社間の手数料が安すぎる会社には要注意

ちなみに2社間ファクタリングでも10%以下という上限を設けてる会社に関してはまず後でいろいろお金が取られますので、ネットなどで「この会社は手数料も事務手数料もこみこみで2社間ファクタリングでも10%以下です」という会社はまず辞めた方がいいと思います。

 

ウソだと思うなら試しに電話で

「2社間ファクタリングでも10%以上手数料はかからないんですよね?」と聞いてみるといいと思います。

必ずといっていいほど言葉を濁されて、「とりあえず会いましょう」「会わないとわからない」と言われるばかりです。

 

実際にあってしまうとまず事務手数料や交通費を請求されるので、なんだかんだもったいないと感じて結局取引をすすめると最終的には手数料は思ったより高かった、でももう後に引き下がれない・・・ということで契約してしまうということって結構多いんですよね。

 

いずれにせよ2社間はいろんな意味でリスクが高いので行う際には慎重に進めるべきだと思います。

 

3社間ファクタリングに関しては手数料も安いのでもし可能であれば取引先と一度相談して3社間ファクタリングを行うことで高い手数料を払わずに済むのですから…

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: