ファクタリングのメリットを知って資金繰りを改善

目安時間:約 4分

資金繰りが厳しい時にファクタリングが選ばれる理由とは?

会社の資金繰りが厳しい、税金を支払いたいが手元に現金がない、銀行から融資が下りない、これ以上信用情報に傷をつけたくない

という場合におすすめなのが「ファクタリング」です。

ファクタリングは海外では一般的に使用される資金調達法で、むしろ海外ではキャッシュフローの改善に役立つので積極的に活用されています。

日本の場合はイメージが良くないために経済産業省もこのファクタリングをはじめとして動産担保による融資を10年以上前から推奨してますが、日本の場合はまだまだその認知度が低いこと、資金繰りに困った会社へのイメージが良くないことからほとんど活用されていません。

しかしインターネットなどのIT業ではこのファクタリングが頻繁に利用されること、そしてインターネットそのものの普及によりファクタリングの認知度が上がり、最近では一般的な資金調達法となりつつあります。

今回はこのファクタリングのメリットについて書いてみます。

ファクタリングを資金繰りにおすすめする3つの理由

ではここでファクタリングが資金繰りにおすすめできる理由はどんなのものなのでしょうか?

今すぐ資金が調達できる

ファクタリング最大のメリットは資金を調達するまでの時間が速いことです。
ファクタリングの方法によっては手数料を高くしはらうことで即日でできるところもあります※これについては即日ファクタリングのデメリットについてもご確認ください

「会社によっては今すぐ資金がないとどうにもならない」「今日中に支払いをしなければいけない!会社が倒産する!」

という場合に使えるのがファクタリングのメリットといえるでしょう。

信用情報に影響しない

さらにもう一つのファクタリングのメリットについても書いておきましょう。
お金が緊急で必要!という場合に少ない金額であれば「消費者金融」や「クレジット」でも資金調達をできる場合もありますが、消費者金融で融資を受けると、その情報は消費者金融や銀行すべてにその人がお金が借りた情報が回ってしまいます。

場合によっては銀行との取引に支障をきたしたり、融資の早期回収に移る銀行もあります。
このため消費者金融やクレジット、別の銀行の借り入れについて抵抗のある経営者の方も多いと思います。

しかしファクタリングの場合は融資ではないので信用情報に影響しません。
ファクタリングはあくまで債権の譲渡契約であり売買取引なので信用情報に影響しないのです。

ファクタリングは担保や保証人がいらない

これも経営者にとってはうれしいことです。
ファクタリングは前述のとおり融資ではないのでお金を返す必要もありませんし、保証人や担保が必要ありません。
このために不動産を所有してない中小企業の経営者の方でも簡単に資金調達が可能となります。

このようにファクタリングには様々なメリットがあります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: